サルサについて
Home
序論 | 歴史 | 初めての人 | 理解 | 紹介
序論

サルサはペアの踊りで、男性と女性のコミュニケーションです。ダンスに境界線はありません。歴史や体についてのことはあまりここでは書きません。昔からたくさんのサルサ研究者が色々そのことについて話してきたからです。このページではサルサについての醍醐味をたくさんの方に知ってほしいと思います。サルサが麻薬となってあなたの人生に楽しみやリラックスそして新しい経験となるでしょう。


歴史

サルサは伝統的なアフリカやキューバ、南米のダンスとの組み合わせです。1940年代〜70年代にかけて、移民とともにカリブ島やプエルトリコやキューバからニューヨークに伝わりました。現代のサルサはキューバソン、マンボ、ガラチャ、チャングイ、ルンバ、ヤンバ、コンパルサなどから来ていて、スイングの要素が入ってます。

サルサは誰でもできます。他のダンスの経験がなくても踊ることができます。サルサはゼロから始めることができ、まず体を動かすことを楽しむのが大切です。


初めての人

簡単に始められるように、私が経験したことを生かして、教えたいと思います。サルサの全ての動きは自然でリラックスしています。

男性  -  女性をリードする
女性  -  男性にリードされる
男性  -  彼女のために踊る
女性  -  彼と一緒に彼のために踊る
男性  -  誘い、導く
女性  -  受け入れる
男性  -  考える
女性  -  勘で応える
男性  -  ステップを使うか考える。ステップの組み合わせは無限大なので、面白い
女性  -  パートナーのリードに体をまかせる。だいたい男性の左手に女性の右手がリードされる。
男性  -  レッスン中、先生の注意に集中する、または動きを観察する
女性  -  パートナーのリードに集中する。沢山の上手な女性ダンサーはステップの名前も知らず、一人で踊ることはできないが、二人で踊ると二人のハーモニーで踊ることができる。
男性
+
女性
 -  バランス、ハーモニー、一致・・・

理解

これからスキルアップについて説明する。もちろん、決まりはないがダンスをしている人たちはこれらを経験している。このスキルアップについてはどのくらいダンスを踊っていたか、またどのレベルのクラスを受講しているか関係ない。どれだけ理解し、感じるかは個人によって違う。


I. 私はステップとスピンを考えずにする。ラテン音楽の複雑なリズムが分かる。  難しいことだ・・・・

II. 私は踊る!イエーイ!!私の動きはさらにリラックスしている。ステップに集中し、  リズムを感じ始める。

III. ダンスは楽しい。私はすでにダンスに対してのプライドがある。ダンスすることを楽しんでいる、しかしまだ時々リズムが聞き取りにくい。

IV. すべての動きが私にとって自然となる。独自のヴァリエーションを創造し始める。リズムを自然に感じ、もう新しいヴァリエーションを学ばなくていい。一度見れば、すぐにできるようになる。

V. サルサは私の人生に組み込まれた。特有の動き方が確立された。私はどうやって自分の生活とサルサを結びつけるかが分かった。


紹介

10人中10人の医者がよい気分になるためのリラックス法、また治療法としてサルサを薦めている。

MUDr. Ivana Kolmanova, Gerontologic salsatherapy, Praha
MUDr. Jaromir Vaclav Duchna, CSc., Salsa juvenile clinic, Praha
MUDr. Pavel Vacek, CSc., Salsa juvenile clinic, Praha
RNDr. Jan Svojanovsky, National hospital Luziny, Cuba step dept.
MUDr. Suzuki Kitamori, Tokio Municipal Sarusa Dansu Hospital
Ing. Vit Spisek, national treasure, Hospital Cernosice
MUDr. Khushi Mehboob, 1st Salsa Hospital of Pakistan
MUDr. Andrea Mirosnikova, Charing Cross Hospital, London
MUDr. Katerina Papouskova, 2nd Faculty of Medicine, Praha
MUDr. Stefani Ioannou, Physiotherapist, Nicosia

序論 | 歴史 | 初めての人 | 理解 | 紹介
Home